So-net無料ブログ作成
検索選択

上手く乗った2人がワンツーした東京大賞典 [レース回顧]



ローマンレジェンドがJCD敗戦から見事に巻き返した。
今回は馬体も大幅に減っていたし決して絶好調とは言えなかったと思うが鞍上が今年最後まで勝負強さを見せたこの馬の特徴をちゃんと理解して乗っているなと感じた。勝負所でスっと動けない馬だがそれを騎手はわかってるのでレース動画を見てもらうとわかるが、3角手前から押して押して馬を動かしていってるのがよくわかる。デムーロが乗ったJCDはここで後れをとった分、前に取り付けず負けたのだがさすがは主戦騎手だった。


馬券的に最も狙い目だったのはハタノヴァンクールだったと思う。今回は「条件好転」だった。
まずはGⅠ勝ちの舞台・大井に変わったこと、油断騎手から大井を知り尽くした名手に変わったこと、そして最大の好転要素は「スピードを要求されない時計の掛かる馬場状態になった」ということだ。みやこSとJCDは共に先行有利でスピードが要求される馬場だった。そうなるとこの馬は苦しく、時計が掛かり最後に前の馬がバテてきた所を差すというのがこの馬のパターンだ。このパターンを覚えておけば、この先のハタノヴァンクールの取捨選択は楽になるのではないか。


エスポワールシチーとトランセンドは完全な衰え。今のエスポワールシチーなら1400以下の距離を使った方がまだ見せ場を作れるのではないだろうか。まあ今回はスタートでの躓きもあったが、普通に出ていても2000でスタミナの要求される馬場じゃ見せ場もなかっただろう。


最後に、長年地方競馬のトップホースとして引っ張ってきたフリオーソとボンネビルレコードに敬意を表します。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。