So-net無料ブログ作成

お久しぶりですww宝塚記念回顧 [レース回顧]



いや~~お久しぶりです!!ww

5か月ぶりの更新ということで・・・ダメですねこんなことしてるようじゃ^^;
思えば前回は「道悪での注目馬」ということで何頭かピックアップしたんですが結局中止になったんですよねあの日の競馬ww

もちろんこの5か月の間も競馬は欠かさず観てましたし馬券も買っていました。
収支は・・・・・・ですが。。。

でも!上半期最後の宝塚記念はバッチリ獲りましたよ!!!

以前からこのブログで取り上げている「条件好転馬」を把握できていれば獲れたレースだったと思います。

本命はゴールドシップでした。
実は天皇賞の時はこの馬を危険視し、トーセンラーを本命にしていました。
1つは京都の軽い馬場はこの馬の得意舞台ではない。菊花賞はフェノーメノもいない同世代相手だったし、秋の京都よりも春の京都の方がよりスピードを求められる芝状態になるので危ないと思っていました。
同じく軽い馬場でスピードを求められたダービーでも5着敗退だったことからも得意でないことは明らかです。
また、得意であるはずの阪神コースの阪神大賞典の勝ち方もあまりパっとせず、レース後の陣営の歯切れの悪さも気になっていました。

しかし今回は「条件好転」でした。まず阪神内回りで直線ヨーイドンの切れ味勝負、上がり33秒台のレースになることはまずあり得ません。そして何と言っても馬場状態がゴールドシップに味方しました。
また、少頭数でスタート後の直線距離が長い阪神2200のコース形態も合ってました。前に取り付きやすいですから。

一方、他馬ですが天皇賞で本命にしたトーセンラーは当然消し。確かに距離に関しては好転ではあるのですが、京都→阪神のコース替わりと馬場状態を考えると買えません。元々天皇賞が大目標で陣営の本気度という点でもマイナスでした。

馬の特性・タイプをきっちり掴めていればゴールドシップにすごく合う条件だということは、ジェンティルドンナとフェノーメノにはあまり合わない条件だということもわかるはずです。

ジェンティルドンナはオークスやJC、フェノーメノはダービーや天皇賞といった軽い馬場で速さが求められる馬場でベストパフォーマンスを見せてきた馬です。
しかし今回の宝塚記念で求められる走りはそうではなく、ゴールドシップと比べると明らかに適性面で劣るというのは一目瞭然でした。加えてジェンティルは海外帰り+初の56キロ、フェノーメノも天皇賞での激走後と流れ的にも不安視できました。

レース前は3強3強と騒がれたわけですが、その3強の内2頭が合う条件とはいえない。それならば他に適性が合う馬がいれば一角を崩せるのでは・・・と考えピックアップしたのがダノンバラードでした。

この馬を拾えたか否かが今回のポイントでしたよね。

ダノンバラードは前走GⅢの鳴尾記念で3着。GⅢで負けてる馬が・・・と考えた方もいたと思いますがこの馬は「条件好転」でした。

まず鳴尾記念は開幕週の開催でした。加えてスローペースの上がり勝負となりトウケイヘイローが逃げ切り。ダノンバラードは2着馬にも切れ負けし3着という内容でした。こういうスローの上がり勝負というのはダノンバラードにとって合わない条件であり、宝塚記念で求められる適性とも逆のレースでした。

つまり鳴尾記念は負けて当然であり、逆によく3着に来れたなと思っていました。
ダノンバラードの全成績を見てもらえればわかりますがこの馬は上がり33秒台で上がったことがありません。
父ディープながら母がダート馬だったこともあり切れ味タイプではありません。ある程度先行して抜け出し、粘りこみを図るような競馬が合っている馬です。

だから今回の宝塚記念の馬場には間違いなく合っていました。
2200という距離も重賞を勝っている距離(斜行しましたがww)であり距離実績という点でもプラスでした。


そんなこんなでイイ上半期の締めくくりが出来たわけですがトータルで見るとまだまだなので今回のように冷静に、そして確実に予想していけるように頑張っていきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。