So-net無料ブログ作成
レース予想 ブログトップ
前の5件 | -

道悪での注目馬 [レース予想]

明日の中山の予報が大雨。

ということで明日の中山芝レースで「血統的」に道悪で良さげな馬をピックアップ!!

6R

3番  ウエスタンソーレ
13番 ファイヤーヒース
15番 クリノタカラチャン

例えば6Rではこの3頭は良さげ。

道悪で注目の種牡馬はというと・・・

・キングマンボ(キングカメハメハ・エルコンドルパサーも含む)
・エリシオ
・コジーン(アドマイヤコジーン・スターオブコジーンも含む)
・オペラハウス
・メジロライアン

アドマイヤコジーンは自身も不良馬場の東京新聞杯を勝ち、産駒のアストンマーチャンも不良馬場のスプリンターズS逃げ切り。

オペラハウスは言わずもがな。不良馬場の2010年中山記念で産駒がワンツー(トーセンクラウン→テイエムアンコール)。


ちなみに馬場的に考えると、自分の中で格言がある。

「雨中は外、雨上がりは内」

G1で言うと、最近では去年のエリザベス女王杯は雨中のレースで見事に外差し決着になったのは記憶に新しい。

まああまりにも悪くなりすぎると「どこを通っても一緒」状態になるのでそうなると外差しオンリーにならない可能性もあるのは注意だが。


とにかく月曜の中山の馬場は常識にかからない状態になりそうなので思いっきり道悪予想で、上記で挙げた血統の馬たちを狙い撃ちたい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

アノ良血馬を買うぐらいなら・・・京都金杯予想 [レース予想]

無料会員登録するだけで消えるアノ人気馬がわかる!


◎ヤマニンウイスカー

前走があっと驚く18番人気で1着。確かにマイペースで逃げてはいたが、別定戦でしかも前に行った馬だけが残る展開ではなかった(2~4着は全て差し馬)だけに価値がある。休みを挟んで馬が良くなったのならば今回もチャンスはあるはずだ。先行できるのは強みだし他に強力な逃げ馬もいないのでスムーズに先行できるはず。

しかも今回は3キロ減って53キロ。キャピタルS1着のこの馬が56→53で、3着のトーセンレーヴが57→57.5だ。 それでいてトーセンレーヴは大外枠でしかもヤマニンより絶対人気する。 トーセンより魅力を感じるのは自然な流れだと思うが。

ムラがある馬なのは確かなので惨敗もあり得るとは思うが狙う価値は十分ある。
マンハッタンカフェ産駒は京都1600の成績がイイのも強調材料。


あと買いたいのは1~2枠の4頭。外の馬を買うなら先行できるサウンドオブハートとエーシンリターンズで。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

あなたはどの馬を選びますか?阪神C予想 [レース予想]

【無料】競馬に必須の予想ツール【KLAN.jp】


毎年のように前走大敗馬の巻き返しが目立つこのレース。

去年はスワンSやマイルCSで内先行有利の馬場に泣かされていたサンカルロとグランプリボスが、差せる馬場に変わって巻き返した。

今年も適条件に戻る馬の巻き返しに注目して予想する。

クラレント
ダンスインザダーク産駒の牡馬は長距離で結果を出す馬が多い中、この馬はマイルで結果を出している。
兄のリディルもマイル前後で走ったがリディルはアグネスタキオン、クラレントはダンスなのでタイプは違う。

阪神の芝1400というのはダンス産駒にはピッタリだ。この馬も富士Sは勝ったが今回の方が条件的には向いていると思う。東京で上がり33秒台の瞬発力勝負よりは阪神内回り1400で持続力を求められる競馬の方が合っているはずだからだ。実際、富士Sは早め先頭で持続力を活かし後続を抑えきって何とか勝てたが、キャピタルSでは早め先頭には立てず結局切れ負けしている。

中団から差す形をとれば上位争いは必至だろう。


他にもいろいろ買いたい馬はいるのでなかなか絞りづらいというのが正直なところ。

マジンプロスパー
オリービン
フラガラッハ
オセアニアボス
ブライトライン
レオアクティブ
サンカルロ

この馬たちは是非買いたい。クラレントを軸に上記の馬たちに手広くという形にする。

阪神Cは内回りということもあり、内がゴチャつき中団からの差し馬が台頭するというレースが多い。

人気どころではファイナルフォームは緩みのない流れの1400だと厳しいと思うしイメージに合わない。
アドマイヤセプターは距離延長時の成績が悪く、内にササる面や人気面を加味すると買いたくない。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2012有馬記念最終結論 [レース予想]

重要なのは展開と中山適性

展開だが、ノースヒルズの3頭(アーネストリー・トレイルブレイザー・ビートブラック)が先行するはずだがいずれも「逃げ馬」ではないだけに難しいところ。恐らく前半はペースの上がらない展開になるだろう。

去年は結局そのままレース終盤までペースが上がらず、実質上がり3ハロンだけの勝負になったが(それがトゥザグローリー好走の要因であった)、今年はビートブラック・トレイルブレイザーといった早めに後続を突き放しにかかりたい馬や、早めに捲って追い上げたいゴールドシップもいるので去年のようにはならないだろう。

向正面~3コーナーあたりでペースアップするという展開を想定して予想する

ナカヤマナイト
中山実績ならこの馬。ジャパンカップをスキップしてここに絞ってきたローテにも好感持てる。天皇賞はせっかくの内枠を生かさない消極的な騎乗でああいう騎乗はやめてもらいたいが、逆に前回やらかしてるだけに今回は考えて乗ってくるだろう。

外枠に関してだが確かに成績は悪いが今回の場合すぐ内に先行するビートブラックがいて、更にその内がゴールドシップにオウケンブルースリと後方から進める馬たちなので内には入っていきやすい枠の並びということで特にマイナス点にはしなかった。位置取りや馬場にもこだわらないタイプで馬券に絡む確率高し。

ゴールドシップ
決して器用ではなく加速にも時間がかかるので中山よりはやはり京都の下りを利用できる方が良いとは思うがそれは騎手もわかっていることなので考えて乗ってくる。有馬記念は追い込み馬は不利だが、ドリームジャーニーやディープインパクトのように捲り気味に追い上げていける馬の場合は問題ない。ダービーのように高速馬場で上がり33秒台を求められる競馬だとしんどいが、パワーやスタミナが要求される競馬には強い。実際ダービー以外は崩れていないわけで消すわけにはいかないだろう。取りこぼす可能性はあるが大崩れは考えられない。

ルーラーシップ
恐らく今回も出遅れるだろうが、ゴールドシップ等が早めに前を捕まえにいって前の馬たちが苦しくなればこの馬の末脚は生きるのではないだろうか。

以下ルルーシュ、エイシンフラッシュ、スカイディグニティ、ダイワファルコンまで押さえる。

ダークシャドウは父ダンスインザダークの時点で消し。ビートブラックは怖さはあるが今回は前に行った馬が厳しくなると見ているのと、高速決着の春天でベストパフォーマンスを見せたことから今回求められる適性とは違うのではとみて消し。

競馬総合情報【トライホース】

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:競馬

朝日杯最終結論 [レース予想]

◎コディーノ
〇クラウンレガーロ
▲フラムドグロワール
△エーシントップ
△ラブリーデイ
△テイエムイナズマ

本命はコディーノ。ここまで3戦が素晴らしい内容。新馬戦のインパクトがすごく、札幌2歳Sの時には「なぜ3番人気?」と思ったぐらいで結果圧勝。前走も内から難なく抜け出しての快勝。
明日のカギはスタートだと思う。スタートが得意というほどではないだけにスタートだけはきっちり決めてほしい。
そこさえクリア出来れば勝利は必然的になるだろう。

クラウンレガーロはここまで堅実な走り。先行力もあるし中山にはピッタリだろう。父はこのレースの覇者グラスワンダー。最終追い切りも前走時から格段に強化しており状態面からも推せる1頭。

フラムドグロワールも堅実で既に中山マイルを経験済み。「先行厨」のウィリアムズだけに早め早めの競馬で押し切りをはかってくるのは間違いない。決めて勝負ならコディーノに劣る。

エーシントップも先行力はある。ただここまでそれほど厳しい競馬はしてきていないだけに仮に揉まれる形になった場合などに不安が残る。また、この記事で書いたように騎手もG1では頼りなさが残る

ラブリーデイは好枠でデータ消去にも残った。ただ母父ダンスインザダークという所が引っ掛かるのと、再度の長距離輸送で馬体重が心配ではある。父キンカメはプラス。

テイエムイナズマはとにかくスタート。毎回出遅れているので器用さが求められる中山マイルはマイナスだと思うが、一応データ消去には残ったしデイリー杯ではクラウンレガーロに勝っているだけに押さえで。

ザラストロはラブリーデイと同じ母父ダンスだがこちらは父ホワイトマズルなのでもっと中山は合わない。
陣営も新潟のようなコースが合っていると自覚している。マイネルエテルネルはこの距離で大外から押し切れるほどの能力はない。ノウレッドは内枠なら押さえておこうと思ったがこの枠では。完成度も上位馬には劣る。

馬券はコディーノ頭固定で相手軸にクラウンレガーロで。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
前の5件 | - レース予想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。